八鉾自治振興区とは

八鉾自治振興区は、平成23年4月に三坂・八鉾落合・高尾・油木の4自治会で設立した住民自治組織で、以下の事業を推進しています。

 1.庄原市八鉾自治振興センターの指定管理者として当該施設の運営・管理

 2.八鉾自治振興区地域振興計画を定め、これに基づく地域振興の推進

 3.庄原市教育委員会から委託された生涯学習事業の推進

 4.その他、八鉾地域の住民自治の推進

 

位置

 

 

庄原市の

北東部に

位置します


地域

 鉾は中国山地1200m級の 山々を背にした庄原市有数の観光地で、比婆山、道後山、県民の森、道後山高原クロカンパーク等があり「ヒバゴンのふるさと」です。

 河川は日本海へ注ぐ江の川水系の「西城川」と瀬戸内海へ注ぐ高梁側水系「東城川」の源流地で、多くの「渓流釣り」を楽しむ人が訪れます。

 八鉾を走るJR芸備線、JR木次線はアップダウンが大きな秘境鉄道で、列車での旅は格別です。また列車が走る光景も大変美しく多くの「写真マニア」が訪れます。JR駅は「備後落合」を始め3ヶ所あります。 

(JR駅の標高:備後落合462m、三井野原727m、油木592m、道後山615m、比婆山352m) 

 また、国道183号線(広島ー米子)国道314号線(福山ー木次)の接続点で里山の交通の要衝です。

沿革

1889(明治22)年    八鉾村成立(町村制実施、小鳥原、油木、三坂、高尾で構成)

1954(昭和29)年3月 西城町となる(西城町と八鉾村合併)

2001(平成13)年    八鉾落合・高尾・油木・三坂の4自治振興区設立  

2005(平成17)年3月 庄原市となる

           (旧庄原市、西城町、東城町、口和町、高野町、比和町、総領町で構成)

2011(平成23)年4月 八鉾自治振興区設立

           (旧八鉾落合・高尾・油木・三坂自治振興区が各々自治会となって構成)

2011(平成23)年4月 庄原市八鉾自治振興センター開設

           ・庄原市から八鉾自治振興区が指定管理者として運営管理を受託

           ・八鉾地域の、社会教育及び地域振興の拠点となる

2017(平成29)年   ひろしま さとやま未来博2017「廃校リノベーション」で、

            旧 小鳥原小学校「現、庄原市八鉾自治振興センター」の

            主に2階部分が改修される   

 


世帯・人口


 208世帯 ・ 457人 (令和2年3月31日時点)




八鉾地域の素晴らしき自然

八鉾地域は中国山地のふもとにあり、美しい自然と農村の原風景に囲まれたまさに風光明媚な地域です。

夏の木陰の涼しさも冬の大雪もどちらも都市部にはないどこか懐かしい情景です。一両の電車が今日も緑の田んぼを走っていきます。

道後山高原クロカンパークは夏はキャンプ場、冬にはスキー場となり、星空映画館が大自然の中で行われます。秋には川辺に美しい紅葉が流れます。この美しき自然も私たちが地域を愛する要因の一つであることは間違いありません。写真を載せていますのでどうぞご覧ください。