工事概要

1.設計者      2020年開催東京五輪の新国立競技場を監修した東京大学教授 “隈 研吾氏”

2.改修部分 

  ①校舎外側へ木製のオープンデッキ設置

  ②校舎2階の教室  ※現在の木造建築を活かし、更なる価値を見出し、使用用途を拡大する。

3.工事期間   平成29年10月 ~ 平成30年1月末

4.工事費     県の予算約3000万円

            全国からの寄付(クラウドファンディング)

            3000万円目標で計6000万円を、他の2校(和木小学校、沖保育園)と配分予定。

            但し、変更の可能性あり。

            ※寄付(期間12月19日~3月18日)は、3月18日当初の目標額を突破、最終額は38,405,000円。

5.工事業者

             大きな改修部分は専門業者

             細かい部分は、ワークショップに集まられた方・一般の方とDIYで行う

 

DIYの様子


完成披露式典

平成29年11月23日に湯崎英彦知事、木山耕三市長等ご出席、地域内外から約270名お迎えし、多くの報道陣が集まる中、盛大に開催されました。